キャバクラでコミュニケーション力を鍛えてスキルアップ

今日からあなたもキャバクラで勝ち組

キャバクラでコミュニケーション力がグンっと上がった

以前私はお世辞にもあまりしゃべるのが上手ではありませんでした。何か話そうと思ってもすぐに話題に詰まっていましたし、周りからはあまり面白くない人と思われていたようです。

しかし、キャバクラで働き始めた後から、コミュニケーション力がグンっと上がった感じがあります。いろんな人と話をすることができるようになりましたし、話題にも困りません。

おかげさまで人生が楽しくなったような気がしています。では、キャバクラで働くことによってコミュニケーション力が上がったのはなぜか、ということを紹介します。

人と必ず話すことになるというのは一番大きな要因ではないでしょうか。キャバクラは男性とお酒を交えて話す場所です。ですから、必ず人と話をすることになります。

キャバクラではお客さんと話をしなければどうにもなりませんし、指名を貰うことも難しくなってしまいます。指名がもらえなければ当然収入も下がりますし、下手をすればクビになるかもしれません。

生き残りのためにも女の子は絶対に男性とのコミュニケーションを取らなければならないのです。そもそも、お店に出勤してただそこにいるだけで人気が出るはずがないのです。男性が好むのは、とにかく自分のする話に対して敏感に反応してくれる女の子です。

わからないことが多い、いわゆる何も知らない女の子を演じているというキャバ嬢も中にはいるかもしれませんが、やはりどのような話でもできるようなキャバ嬢の方が男性対しての人気は高くなります。

日常のニュースや話題の中から会話の内容を探し、相手に合わせて話をすることを繰り返すことによって、人とのコミュニケーション力がついてきます。最初のうちは全く慣れないと思いますし、お客さんに話を振られても分かることと分からないことの差が大きいため、何を話したらいいのかが分からないところもあるでしょう。

しかし、どんどん話をしていかなければならないため、知らず知らずのうちにそれができていくということもあるのです。極端な話ですが、英語が全く使えないのに海外で一人取り残されたらどうするでしょう。

英語が使えなければ生活できるはずがないですから、その人は死に物狂いで英語を覚えるでしょうし、それによって人とのコミュニケーションをすることを覚えていくはずです。キャバ嬢がキャバクラで働くことでコミュニケーション力がアップするというのは、これとは少し違いますが似ているところはあるのです。

©2014 キャバクラで勝ち組になったわたしの自慢話ブログ