キャバクラが綺麗な女子へとわたしを変身させてくれた

今日からあなたもキャバクラで勝ち組

キャバクラ嬢になってから綺麗になったと言われるようになった

以前からキャバクラで働いているのですが、どういうわけか以前よりも綺麗になったと言われることが増えました。自分は何も変わっていないのにという意識があって余計に不思議に思うところがあります。

キャバクラで働いたことによってどういうところが綺麗になったのかについて考えてみました。キャバ嬢の仕事をしていると、やはり普段からの身だしなみについても気を使うことが増えます。

働く時間にもよりますが、やはり近い距離で男性の相手をすることもあり、中途半端なメイクではごまかせないのです。ですから、常日頃からメイクを含めた最低限の身だしなみについては気を付けることが大切です。

夜の仕事ですから、生活は当然不規則になりますし、肌も乱れがちになってしまいますが、そこをどのようにしてキープするかも大変です。反対に言えば、ここをカバーできれば周りから綺麗になったと言われることが増えるというわけです。

キャバクラで働いていると、毎日出勤しているのならば必然的に毎日男性を相手にすることになります。たとえ仕事として全く男性を意識していないとしても、やはり女の子ですからときには胸がときめくこともあるでしょう。

たとえ恋愛対象でなくとも、きれいに見られたいという気持ちがどこかで働くこともあるはずです。そうなってくると、より一層身だしなみにも気を使うでしょうし、身体のラインから何まで気にすることになるはずです。

当然それは普段の生活に対しても影響を与えるものですから、周りから綺麗になったと言われるのはむしろ当然の結果と言うわけなのです。例えば、それまで全く異性との縁が無かったという女の子がキャバ嬢になった場合でも、色々と戸惑うことはあるでしょうが、指名を得るために自分が変わろうという努力をするはずです。

結果的にそれにより綺麗になることができる可能性も十分にあるのです。更に、周りには自分と同じように働くキャバ嬢がたくさんいるため、その刺激を受けることによって意識が変わり、自分も綺麗になりたいという気持ちを持つことになるでしょう。

こちらもやはり実生活に直接関ってくることですから、周りから良い印象を受けることになるはずです。キャバ嬢は、時には否定的な目で見られることもありますが、美しくなりたい女性にとってはこれ以上に無い優れた環境なのです。お金稼ぎもそうですが、自分磨きをしたいという女の子にはキャバクラで働くことをおすすめします。

©2014 キャバクラで勝ち組になったわたしの自慢話ブログ